本文へスキップ

50代女性とアクセサリーの選び方

50代からのアクセサリー・選び方HEADLINE

アクセサリーは、もともと「自分の個性と魅力を輝かせ、ファッションを楽しむもの」なので、選ぶ際にはあまり年齢にこだわる必要はありません。
しかし、フォーマルなシーンでのアクセサリーと、ビジネスシーンでのアクセサリー、普段着に合わせるアクセサリーに分けていくつか用意しておくと、コーディネートするときに迷わなくて済みます。

また、若い頃に購入したアクセサリーや、親しい人にプレゼントされたアクセサリーなどがある場合は、それをもう一度取り出してチェックしてみてください。
現在のファッションに合わせてみると、意外にもしっくりいったり、新鮮なコーディネートが楽しめることもあります。


アクセサリー選びのポイント

●フォーマルシーン向けのアクセサリー
結婚式やパーティーなど、フォーマルシーンでのアクセサリーは、上品で華やかなものを選びましょう。質素な装いでも、ネックレスやピアス、リング、コサージュなどをプラスすると、ぐっと華やかな印象になります。

ただし、あまりにもギラギラと派手なものは避けたほうが無難です。本人よりもアクセサリーばかりが目立ってしまい、かえって品のない印象になってしまうからです。逆にあまりにも地味なアクセサリーでは、つけている意味がなくなってしまいます。

フォーマルシーン向けのアクセサリーは、ダイヤモンド、ゴールド、パールなどを中心に派手過ぎず、地味過ぎず、上品な華やかさが感じられるものを選びましょう。

なお、弔問用のアクセサリーは華やかなものは避け、パールのネックレスかパールのピアス程度にしておきましょう。


●ビジネスシーン向けのアクセサリー
ビジネスシーン向けのアクセサリーは、どのような職場か、どのような職種かによっても変わります。アパレルショップや美容院、服飾メーカーなどの職場では、ファッションセンスが問われるため、ある程度高級感のあるアクセサリーをつける必要があります。

通常の事務職や介護職、製造関連の職場などでは、あまり人目をひくような華美なアクセサリーは避けましょう。職場は仕事をする場所なので、派手なアクセサリーをつけていては、周囲の信頼を損ねてしまうおそれがあるからです。
窓口での接客や営業職の場合も、お客様からの反発を受けない程度に、シンプルで控えめな感じのアクセサリーがおすすめです。

ビジネスシーンでのアクセサリーは、大きめなものや人目で高級ブランドとわかるものは避け、仕事の邪魔にならないように細くて小さめなもの、つけていて気分が明るくなるようなものを選びましょう。


●普段着に合わせるアクセサリー
普段着に合わせるアクセサリーは、思う存分、自由な感覚で選ぶことができます。
厳密には、ヘアスタイルや肌の色、洋服の色などと合わせてみると、統一が取れずちぐはぐな感じになることもありますが、あまり気にする必要もありません。

ファッションには、その人の魅力や個性、その人の生き方がそのまま表れますが、アクセサリーをつけるとそれがよりいっそう強調されます。
今までの自分の生き方を肯定し、今の自分に自信を持っているなら、どんなアクセサリーをつけようとも、その人に似合ってきます。

普段着に合わせるアクセサリーは、高級ブランドのアクセサリーでも、安物のアクセサリーでも、あるいは手作りのアクセサリーでも、気に入ったものを自由に選んで人生を楽しみましょう。


スポンサーリンク