本文へスキップ

50からのエイジングケアサプリメント

50代女性におすすめのエイジングケアサプリメントHEADLINE

50代になって気づくのが、微妙な身体の変化です。更年期を過ぎて落ち着きを取り戻した頃、今度は髪の毛の白髪が気になったり、顔にシワやシミを発見したり、視力が合わなくなったり・・・。少しずつ忍び寄ってくる老化現象を発見して不安になったりしますが、老化のスピードは努力次第で遅くすることができます。そして、その一つの方法がサプリメントの利用です。

現在、老化を防ぐと言われるサプリメントは色々なものが研究・開発されており、ドラッグストアやコンビニ、ネット通販などから気軽に購入できるようになっています。サプリメントは、全ての人に同じ効果をもたらす訳ではありませんが、足らない栄養素を補給するという形で摂取することにより、アンチエイジング対策になります。


スポンサーリンク


おすすめのエイジングケアサプリメント

50代女性におすすめのエイジングケアサプリメントには、次のようなものがあるので、自分に合うものを見つけてみてください。

●ビタミンC
美肌や美白を保つ効果があるとされるビタミンCは、野菜や果物にも豊富に含まれていますが、不足するようならサプリメントから摂ることもできます。
水溶性ビタミンのため、余分に摂りすぎても体内に蓄積されませんが、毎日少しずつでも摂り続けるとより効果的です。


●ビタミンB群
ビタミンB群とは、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチンの総称ですが、皮膚や粘膜の健康維持に欠かせない栄養素で、不足すると肌老化を促進します。ビタミンBは、それぞれを単独で摂取するより、いくつかを組み合わせて摂るほうが効果的と言われます。


●ビタミンE
ビタミンEは血流を良くする働きがあるため、身体の隅々まで酸素と栄養素が運ばれ、新陳代謝が活発に行われるようになるので、全身の老化を防ぐことにつながります。
また、抗酸化ビタミンのひとつでもあり、活性酸素によるダメージを防ぐ働きもあります。


●亜鉛
必須ミネラルのひとつである亜鉛は、たんぱく質合成を助け、肌細胞の新陳代謝を活発にする働きがあります。亜鉛が不足すると、肌の再生がきちんと行われず、肌荒れやニキビの原因になったり、抜け毛が増えるなどの症状も現れ、老化現象を促進します。


●コエンザイムQ10
コエンザイムQ10は、もともと人体の細胞に存在する補酵素と呼ばれる成分で、細胞を保護したり、アミノ酸などをエネルギーに変える働きをしています。また、抗酸化作用、免疫力アップ、疲労回復効果などがあることも知られていますが、20歳を超える頃から体内で作られる量は徐々に減少して行きます。そのため、エイジングケアのためには、ぜひ摂りたいサプリメントのひとつとなっています。


●アスタキサンチン
強い抗酸化作用があることで知られるアスタキサンチンは、紫外線によるダメージから肌を守り、メラニンの生成を抑制する働きがあるため、シミを防いで美肌を保ちます。
また、加齢臭を緩和したり、内臓脂肪を減少させる効果があることも知られています。


●レスベラトロール
長寿遺伝子と言われる「サーチュイン遺伝子」を活性化する働きがあることで注目されているのが、ポリフェノールの一種であるレスベラトロールです。
強い抗酸化力があるため、老化の原因となる活性酸素の害から身体を守り、加齢に伴うさまざまな病気を予防する力があるとされています。


●ピクノジェノール
フランスの海岸に生息する松の樹皮から抽出した成分で、抗酸化作用・抗炎症作用に優れており、血行の衰えを改善して身体の隅々まで有効成分を行き渡らせます。その結果、肌のくすみやシミを改善し、なめらかで健康的な肌を維持したり、高血圧の改善や生活習慣病の予防にも役立ちます。


●ローヤルゼリー
ミツバチの体内で合成された物質で、このローヤルゼリーを食べ続けるハチだけが女王バチになり、寿命は働きバチの30倍以上になると言われます。
三大栄養素のほかビタミン、ミネラル、アミノ酸など、体内に必要な栄養が豊富に含まれているため、昔から滋養や老化防止のサプリメントとして知られています。美容面を含めて身体の中から総合的なエイジングケアをしたいという場合におすすめです。


●セサミン
ゴマには、アンチエイジングに役立つ成分がいくつか含まれていますが、セサミンはそのうちのひとつです。体内で発生する有害物質や活性酸素を除去したり、肝機能の向上作用、血中コレステロールを下げる作用などもあることが知られています。
しかし、このセサミンはゴマ1粒の中にわずか1%程度しか含まれていないため、食品から摂るよりはむしろサプリメントから摂るほうが効果的です。


●乳酸菌
近年、注目を浴びている乳酸菌には、有害物質を抑制して腸内環境を整え、全身に必要な栄養素を送り届ける作用があります。便秘解消や肌老化を防ぐ働きもあるため、アンチエイジング効果も期待できます。
乳酸菌は、納豆やヨーグルトなどに豊富に含まれていますが、不足ぎみの場合はサプリメントから摂ることもできます。


●グルコサミン
軟骨や骨髄の中に多く含まれ、骨と骨とのクッションのような働きをしているグルコサミンは、加齢とともに減少するため、不足すると関節痛を引き起こす原因にもなります。
また、肌に潤いを与えるヒアルロン酸の原料になったり、角膜や髪の毛の成分にも関わっています。そのため、健康な肌を保ち、将来の関節痛を予防する目的で摂取することにより、アンチエイジング対策になります。


●コラーゲン
皮膚や血管、骨、内臓、髪の毛など、体内のあらゆる組織の細胞同士をつないでいるのが、たんぱく質のひとつであるコラーゲンです。弾力のあるみずみずしい肌やしなやかな血管を保ち、関節や臓器がスムーズに動くためになくてはならない成分です。
体内のコラーゲンは、加齢とともに減少してしまうため、サプリメントとして摂ることでアンチエイジング対策になりますが、ビタミンCと一緒に摂ることにより、さらに効率的にコラーゲンが生成されます。


●マカ
男性にとっては精力を増強することで知られるマカは、女性にとっても美肌を保つための成分が多く含まれています。
マカには、女性ホルモンの一つである植物性エストロゲンが含まれているため、皮膚の乾燥を防いでシワを予防し、若々しい肌を保つ働きがあります。また、マカに含まれているアルギニンは、血行を良くし活性酸素を抑える働きもあるため、シミやソバカス、ニキビなどの肌トラブルが出にくくなります。


●スルフォラファン
ブロッコリーなど、アブラナ科の植物に多く含まれているスルフォラファンには、体内で抗酸化酵素の生成を促進し、新陳代謝を活発にする働きがあるため、美肌づくりや老化防止につながります。
また、すぐれた解毒作用があり、肝機能や免疫力をアップさせるため、摂取することにより病気にかかりにくくなるという利点もあります。


スポンサーリンク