本文へスキップ

50代女性の危機とは?

50代女性とアラフィフ・クライシスHEADLINE

アラフィフとは「around fifty」のことで50歳前後を指し、クライシス(crisis)には「危機」と言う意味があります。
50代女性には、内外ともに色々な危機が押し寄せますが、この50代の危機をひとつひとつ乗り越えてこそ、理想とする人生に近づき、豊かなセカンドライフを実現することができます。

50代女性に押し寄せる危機

●閉経と更年期障害
50歳前後の女性に訪れる「閉経」という体の変化は、心身ともに大きな影響を与えます。女性としての自信を失ってしまう人もいれば、解放感を感じる人もいますが、閉経の前後はホルモンの変化と同時に自律神経が不安定になり、さまざまな更年期障害に悩まされたりします。

●美容・健康の問題
肌が乾燥気味になってシミやシワが増えたり、髪の毛の生え際に白髪を発見してショックを受けることがあります。また、いつの間にか体型が変化していたり、歯が弱ったり、軽い老眼に気づいたりということもあります。
さらに、血圧や血糖値が高くなったり、コレステロール値が上がったりと、生活習慣病の兆候が出てくるのも50代が最も多くなっています。

●仕事上のプレッシャー
50代は、経験豊富なベテラン社員として扱われるため、仕事上の責任も重くなります。転職をして新しい職場に移ったとしても、50代はある程度の責任を負わされるため、かなりのプレッシャーになります。

●親の介護問題
50代くらいになると、親が高齢化してくるため介護問題が発生する可能性があります。自分の親ばかりでなく、配偶者の親の健康も気になります。

●子供の反抗期・進路問題
子供がいる方はそろそろ子育てが終了しますが、その頃になって反抗期や進路問題に悩まされます。子供の予想外の態度にどうしていいかわからずオロオロしてしまったり、なかなか進路が決まらず心配で眠れなかったり・・・。このような事も50代の危機と言えます。

●変化する家族関係
子供の自立や結婚、夫婦関係、親の高齢化、兄弟・姉妹の関係など、少しずつ家族関係が変化して来ます。家族関係の変化とともに、生活環境も変化して行きますが、うまく対応できずに危機に陥ることがあります。

●その他の危機
50代女性に限りませんが、どんなに平安な日常生活をおくっていても、地震や津波、火山の噴火、洪水などの自然災害に襲われることがあります。また、社会的には雇用環境の悪化、物価高やインフレの懸念、食糧危機や金融危機なども起こりうる可能性があります。


アラフィフ・クライシスを乗り越えるために

50代女性を待ち受ける危機は、その人の生い立ちや生活環境などによっても異なり、ある日突然やって来る危機もあれば、時間をかけて少しずつ忍び寄って来る危機もあります。
しかし、更年期障害や仕事上の問題、子供の進路問題、親の介護問題などは、ある程度予測することが可能です。このような危機に関しては、前もって心の準備や対策を立てておくことにより、さほど深刻にならずに乗り越えることができます。
また、自然災害やその他の社会的危機に関しても、いつ起こっても対応できるように備えておくことにより、軽々と乗り越えることができます。


スポンサーリンク