本文へスキップ

50代女性におすすめのファッションブランド

50代女性向けファッションブランドHEADLINE

50代女性にとって、自分の好みと個性にマッチしたファッションブランドとの出会いは、より豊かな充実したセカンドライフへとつながります。
今までブランド品には興味がなかったという方も、お気に入りのブランドを見つけ、ワンランク上のおしゃれを楽しみましょう。


50代女性におすすめのファッションブランド

●自由区
自由区(jiyuku)は、日本のアパレル会社「オンワード樫山」が、2000年秋に創立したレディースファッションブランドです。40代、50代の大人の女性に向けて「上品・上質・日常着」をテーマにしたスタイリングを提案しています。
シンプル&ベーシックを基本にしつつ、適度にトレンドを取り入れたデザインは、落ち着いた大人っぽさの中に華やかさと若さを感じさせます。
あくまでも自然体で日々の生活を楽しみたい・・・そんな50代女性におすすめのファッションブランドです。


●ミッシェルクラン(MICHEL KLEIN)
ミッシェルクラン(MICHEL KLEIN)は、シンプルでありながらスタイリッシュでエレガントなデザインが特徴で、キャリア女性を中心に支持を集めているフランスのファッションブランドです。
スーツ、ジャケット、ブラウス、シャツ、スカートなど、着回しや組み合わせがしやすいアイテムを中心に、洗練された新しいミックススタイルを提案しています。
エレガントな色使いも魅力で、「配色とスタイルの魔術師」とも称されています。


●アンタイトル
アンタイトルは、日本の大手アパレルメーカー「ワールド」が1995年に創立した、大人の女性を対象にしたコンサバ系ファッションブランドです。
どんな体型でもその人にぴったりフィットした服選びができるよう、サイズバリエーションが非常に豊富なため、20代後半から30代、40代、50代女性にも人気があります。
アンタイトルの商品は決して安価ではありませんが、素材やカッティング、縫製の技術も重要視しており、品質が安定しているため、長く着用することができます。


●オールド・イングランド(OLD ENGLAND)
オールド・イングランド(OLD ENGLAND)は、1867年にフランスのパリで創立された老舗のファッションブランドです。英国調の正統派スタイルに、さりげなくフレンチテイストを加えた大人のためのブランドで、上質な素材と仕立ての良い服は、世界中で年齢を問わず支持されています。
日本には1990年に上陸しましたが、伝統を大切にしたシンプルなデザインでありながら、新鮮な魅力と風格があり、変わらぬ人気を保ち続けています。


●ヨシエ イナバ(Yoshie Inaba)
ヨシエ イナバ(Yoshie Inaba)は、1956年に創設した成熟した大人の女性のためのレディースファッションブランドです。
「シンプルで着心地の良い、大人の女性が美しく見える服」をコンセプトとしており、50代女性、60代以上の女性からも注目を集めています。
素材やパターン、縫製、ディテールの装飾にまでこだわり、生き生きと人生を楽しむ大人の女性のための服作りを続けています。


●マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)
マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)は、「シンプル・ベーシック・ナチュラル」を基本理念としたイギリスのファッションブランドです。1977年にロンドンでメンズショップを開き、その後レディースも手がけるようになり、1981年には日本への進出を果たしました。
自然で上質な素材を使ったマーガレット・ハウエルの服は、きらびやかな装飾はほとんどなく、機能性や着心地を重視しています。
マーガレット・ハウエルは、本物志向・ナチュラル志向の50代女性におすすめのファッションブランドです。


●レオナール(LEONARD)
レオナール(LEONARD)は、1943年にフランスのパリでニット工房を設立し、1958年にブランドとしてのレオナールを発表しました。
美しい花のプリントが魅力のレオナールのワンピースやドレスは、日本では特に40代以上の中高年女性やシニア女性層に圧倒的な人気があります。
プリントのモチーフはランやバラの花が原点になっていますが、2003年頃からは「和」をテーマにしたプリントも手がけ、花や雲などの和柄をあしらったデザインが注目を集めています。


●セオリーリュクス(Theory Luxe)
セオリーリュクス(Theory Luxe)は、1997年に設立されたアメリカのファッションブランドですが、2009年より日本のファーストリテイリング傘下のブランドとなっています。
「着る人自身を主役にした服」をテーマに、キャリアを積んだ大人の女性向けのコレクションとなっており、自らのライフスタイルを持ち、自由におしゃれを楽しみたいという50代女性におすすめです。
セオリーリュクスのアイテムは、ほぼ全ての商品にストレッチ加工が施されているのが特徴で、着心地の良さと洗練された美しいシルエットが魅力となっています。


●ヴィヴィアンタム( Vivienne Tam)
ヴィヴィアン・タム( Vivienne Tam 中国名:譚燕玉)は、1956年、中国の広東省に生まれたファッション・デザイナーですが、1990年に自分自身の名を冠したブランド「ヴィヴィアン・タム」を設立しました。
ヴィヴィアン・タムのブランドコンセプトは「東西融合」で、「纏う人が自分自身の新しいイメージを表現できる服」を基本理念としています。
デザインのモチーフは、ドラゴンや笹、桜など東洋的でカラフルなものが多くなっていますが、決してけばけばしくなく、落ち着いたおとなの女性向けに作られています。
ヴィヴィアン・タムは、アジアンテイストのデザインがお好みの50代女性におすすめのファッションブランドです。


●ローラアシュレイ(Laura Ashley)
ローラアシュレイ(Laura Ashley)は、1953年に創立されたイギリスの老舗ブランドです。ファッションのほか、インテリアや雑貨、香水、食器に至るまで幅広く展開し、世界中で人気を博しています。
小花柄のプリントがトレードマークになっているローラアシュレイの魅力は、フェミニンで華やかな雰囲気があることです。ビクトリア王朝のデザインをベースにしている花柄は、現代風にアレンジしてあるため、クラシカルでありながら非常にモダンです。
年齢を問わず、いくつになっても「花柄が好き」という女性におすすめのブランドです。


スポンサーリンク