本文へスキップ

田舎暮らしのメリットとデメリットとは

定年後の田舎暮らしを目指してHEADLINE

若い世代から中高年世代、シニア世代に至るまで、依然として田舎暮らしがブームになっています。田舎には都会にはない大自然や数々の魅力があるため、50代のうちに移住を決定したり、定年後の移住を目指している人も多くなっています。

しかし、田舎暮らしには良い面ばかりではなくデメリットもあります。田舎暮らしを夢や憧れだけに終わらせないためには、デメリットについてもきちんと確認しておく必要があります。

田舎暮らしのメリットとデメリット

田舎暮らしの最大のメリットは、大自然に囲まれて暮らせることと言えます。長く都会で暮らしていると、青空を見ることも、季節の風を感じることも、星空を眺めることも忘れがちです。田舎暮らしは、豊かな自然がすぐ周りにあり、本来の人間性を取り戻すことができます。
毎日を、ゆったりと丁寧に生きる「スローライフ」が提唱されていますが、そのような生き方を実現するためには、田舎暮らしは最適と言えます。
都会に比べると生活費は安く、新鮮な野菜や果物、魚介類なども入手しやすくなります。

一方、田舎暮らしの大きなデメリットとしては、公共交通機関が不便な事、銀行や郵便局、医療機器が充実した大きな病院が近くにない事などが挙げられます。自家用車があれば、このようなデメリットはある程度解消できますが、先々高齢化した場合の運転は可能かどうかが問題です。
経済的なデメリットとして、田舎では仕事が限られてくる事、たとえ近くに就職できても都会に比べ賃金は安くなる事が挙げられます。定年後は年金だけで生活できればこのような心配は不要ですが、生活費が足りるかどうかは確認しておく必要があります。
また、田舎にはその土地独特の風習やしきたりがあり、人間関係にスムーズになじめるかなどの問題もあります。


田舎暮らしで何をやりたいかを明確に

田舎暮らしを決定する前に、田舎に住んで何をやりたいかを明確にしておきましょう。その上でどんな場所に、どのくらいの広さの家に住むのかなどを決めるようにすると、田舎暮らしの実現性が高くなります。
故郷に戻って家業を継ぐのか、本格的に農業や、林業、酪農、漁業などをやりたいのか、趣味として家庭菜園やガーデニング、釣りなどを楽しみたいのか、あるいはレストランや民宿、ペンション、カフェなどを開きたいのかなど、目的は人それぞれです。
田舎暮らしでやりたいことが明確になれば、家族と相談もしやすくなり、同意を得やすくなります。


スポンサーリンク