本文へスキップ

50代女性のファッション

自分を輝かせるファッションとは?HEADLINE

年齢を気にしたり、周囲の目を気にすることなく「着たいものを着る」という姿勢が、50代女性を生き生きと輝かせます。
しかし、あまりにも時代遅れのファッションになってしまわぬよう、常に最新ファッションや流行にも興味を持つことが大切です。
次のようなことをヒントに、自分を輝かせるファッションを発見してみてください。

●自分らしさを大切にする
50代ともなると、ファッションにはその人の個性や生き方までもが表れます。カチッとしたスーツが好きという人もいれば、ゆったりとしたカジュアル系のファッションが好きという人もいます。
自分らしさを大切にするという気持ちがあれば、どんなファッションを選ぼうとも、その人を輝かせます。

●年齢を無視する
「もう若くないから・・・」といった気持ちでファッションを選んでも楽しくありません。現代の50代女性は20代、30代の女性と変わらないくらい若々しく、体の線もさほど変化していません。ファッションを楽しみ、人生を楽しむなら、年齢を無視するくらいでちょうどいいと言えます。

●常識や固定観念にとらわれない
従来の日本女性は、年を重ねれば重ねるほど落ち着いた控えめなものを選ぼうとする傾向がありました。明るくカラフルな色合いのファッションから、渋く地味な色合いのファッションへとシフトして行ったのです。しかし、現代の50代女性は「大人可愛いファッション」という言葉に象徴されるように、従来の常識や固定観念にとらわれずに、自分の気に入った洋服を選ぶ人が増えてきました。

●直感を大切にする
デパートの婦人服売り場やファッション雑誌、テレビなどで何となく心惹かれるファッションがあったら、記憶しておきましょう。直感で「いいな」と思ったものは、その人が理想とするファッションであり、また実際にその人に似合うファッションと言えます。

●ファッション小物を上手に生かす
アクセサリーやスカーフ、帽子、ベルト、時計、バッグなど、ファッション小物を上手に生かすようにすると、ファッション感覚がさらに磨かれて行きます。ファッション小物は、地味な服を華やかにしたり、スタイルを細く見せたり、カジュアルをフォーマルに変えたりなど、色々な演出が可能です。

●意外な組み合わせを楽しむ
デザインや色、素材などで意外な組み合わせを楽しむのもファッションの醍醐味のひとつです。フリルのついたドレッシーなブラウスに、デニムのジーンズやジャケット、カラフルなチェックのワンピースに無地のロングカーディガンなど、手持ちの洋服だけでも組み合わせ方によっては新鮮な印象を与えることができます。

●上質で長く着用できる服を選ぶ
あれもこれもと、洋服の種類を増やすのではなく、多少高価でも本当に気に入った上質な服を選ぶようにしましょう。長く着用できるものほど愛着が沸き、着る人の人生に寄り添い続けます。


スポンサーリンク