本文へスキップ

50代からの転職を成功させるために

50代からの転職を成功させるためのポイントHEADLINE

50代からの転職活動は、いくつかのハンディキャップを抱えながら行うことになりますが、今までの仕事上でのキャリアや「働きたい」という意欲があれば、より良い転職先を見つける事は可能です。

次のような事をポイントに求職活動をしてみましょう。

●すぐに決まらなくてもあせらない
50代からの転職は、すんなり決まることのほうが稀です。
転職活動をスタートし、熱意をもって意欲的に活動できるのは3ヶ月前後が限度と言われていますが、半年かかることも1年以上かかることもあります。
新しい転職先がすぐに決まらなくても、あせらずに、自信を失わずに、コツコツと転職活動を続けましょう。

●情報収集をなるべく多く
より良い転職先にめぐり合うコツは、できる限り多くの求人情報を集めることです。
ハローワークに出向く事はもちろん、求人雑誌や新聞の折込チラシ、インターネットの求人サイト、携帯の求人サイトなどのほか、友人・知人にも声をかけておきましょう。
情報入手先がたくさんあればあるほど、希望の職種にめぐり合う可能性も高くなります。

●年齢を気にしない
求人募集の際の年齢制限は禁止になりましたが、企業側は「平均年齢35歳の職場です」とか「20代の方が活躍中」などの表現でさりげなく年齢制限をしています。
しかし、50代からの求職活動はその年齢制限を気にしていては、先に進めません。年齢制限を無視して、今までのキャリアや、仕事への意欲などを効果的にアピールしましょう。企業側に「是非、雇いたい」と思わせる事ができれば、転職活動は成功します。

●希望条件を見直す
転職、再就職に際しては、いくつかの希望条件があっても、それが全て満たされる職場はなかなかないのが現状です。給与や勤務地、勤務時間、職種などの希望条件を見直し、優先順位を決めて妥協できるところは妥協してみましょう。
たとえば、月収や年収で希望に合うところがない場合、何らかの手当てがついたり、努力次第で昇給の可能性があるなら、検討してみる価値があります。

●自分を効果的にアピールする
転職活動は、いかに効果的に自分をアピールできるかにかかっていると言えます。求人募集をする企業は、即戦力を求めているところが殆どなので、「今までのキャリアが活かせる」と思ったら、応募書類や面接などで重点的にアピールしましょう。
また、「どうしてもこの仕事がしたい」という意欲や熱意を示すことができれば、それは求人側にも伝わり、採用される可能性が高くなります。

●求人サイトや転職支援サービスに登録する
ネットが発達した現代では、自宅にいながら転職活動ができる時代になっています。スマートフォンやパソコン、タブレットからも求人サイトや転職支援サービスサイトの求人情報をいつでも見ることができます。
求人サイトに会員登録をすると、希望の条件に沿った求人情報をいち早くメールで知らせてくれたり、時には企業からのオファーが入ることもあります。
また、転職支援サービス(転職エージェント)に会員登録すると、転職先紹介のほか、「応募書類の書き方」や「効果的な面接の仕方」、「再就職までに何を準備したら良いか」など、きめ細かな相談にのってくれます。

●縁故、友人、知人へ依頼する
50代女性が転職、再就職を目指す場合、思いのほか成功する確率が高いのがこの縁故者、友人、知人などの紹介です。
自分の血縁者や友人、知人、前職の関係者、その他の人脈を全てリストアップし、ひとりづつ、丁寧に依頼してみましょう。

●自己PR文や推薦状を同封する
応募書類には履歴書、職務経歴書に加え、自己PR文や推薦状を同封すると効果的です。
特に、今までの実務経験や仕事への意欲などを記した自己PR文や推薦状は、強力に自分を印象づける事ができるため、年齢にかかわらず、採用される可能性が高くなります。


スポンサーリンク