50代女性におすすめの英会話教材

50代女性におすすめの英会話教材

50代から英会話を学ぼうとする女性は、チャレンジ精神が旺盛で上昇志向も高いと言えます。

しかし、英会話をマスターするには、ある程度の期間が必要なので、途中で挫折せずに続けられるものを選ぶことが最も大切です。

当サイトでは、次のような英会話教材をおすすめしています。

おすすめの英会話教材

7+English(セブンプラスイングリッシュ)

文法とか単語の並び方とか、難しいことは考えずに、ともかく英語が話せるようになりたいという50代女性には、七田式「7+English(セブンプラスイングリッシュ)」がおすすめです。

1日20分、CDの音声を聞いて、その通りに口に出すというシンプルな学習法を繰り返すだけですが、これを2ヶ月ほど繰り返すと、自然に英語が口から出てくるようになります。

日本人の多くは、正しい英語を話そうとして無意識に英語の文を頭の中で組み立ててしまうため、言葉として出てくるまでに時間がかかってしまいます。そしてそれが、英会話の苦手意識へのつながってしまう人も少なくありません。

そんな苦手意識を解決してくれるのが、七田式「7+English(セブンプラスイングリッシュ)」です。小学生の頃、九九の掛け算を覚えたように、日常会話に良く使われる実践的なフレーズ(60パターン600フレーズ)を丸ごと覚えてしまうため、反射的に英語が口から出てくるようになります。

この教材の詳細はこちらから(公式サイトに移動します。)

 ⇒ たった60日で英語が話せる!?<七田式>

30日間英語脳育成プログラム
「今までに何度か英会話にチャレンジしてみたけれど、マスターできなかった」という50代女性におすすめなのが、「30日間英語脳育成プログラム」です。

この教材は、30話のプログラムで構成されていますが、1日1話ずつしっかりこなして行けば、30日間という短期間でナチュラルスピードの英語が聴き取れるようになり、簡単な英会話を話せるようになります。

「英語が聴き取れた!」「簡単な英語が話せた!」という嬉しい体験が自信になり、「さらに学びたい」という意欲がわいてきます。

「30日間英語脳育成プログラム」は、音声CDによる学習がメインなので、インターネットにつながっていないない場合でも動作環境に適したパソコンさえあれば、いつでもどこでも英会話の勉強をすることができます。

また、iPod等の音楽プレイヤーでの再生も可能なので、通勤時間や家事の合間に学習することもできます。さらにオンライン英会話レッスンもついているため、教材テキストを使ってリアルな英会話練習もできます。
教材は、レベルと希望に応じて3コースから選べるようになっています。

この教材の詳細は、こちらから(公式サイトに移動します。)

 ⇒ 30日間英語脳育成プログラム

ヒアリングマラソン
語学は、会話の内容を聞き取ることができるようになれば、自然に話すこともできるようになります。
この聞き取る力を最重要視した英会話教材(通信講座)が、アルクの「ヒアリングマラソン」です。

ナチュラル英語には、独特のリズムや音、言い回し、スピード、アクセントなどがありますが、これらを日本人が身体にしみこませるために必要な時間を、アルクでは1000時間と考えています。

1年で1000時間の「ヒアリングマラソン」に参加してみると・・・ あなたの中で何かが起こります。

1000時間とは、机に向かっている時間だけではなく、通勤時間や家事の合間に英語を聞いたりする時間も含まれます。

この講座に申し込むと、英語音声が録音されたCD付きの教材が毎月送られて来ますが、「まずは半分の期間で試したい」という方のために、「6カ月コース」や、まったくの初心者を対象にした「ヒアリングマラソン・ベーシックkikuzo!<キクゾー!>」など、レベルに応じていくつかのコースが用意されています。

この教材の詳細はこちらから(公式サイトに移動します。)

 ⇒ アルクのNo.1英語教材、1000時間ヒアリングマラソン

 

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP