本文へスキップ

50代女性と定年までの働き方

50代から定年までの働き方HEADLINE

従来の定年は60歳が一般的でしたが、近年は65歳を定年としたり、あるいは定年をなくす企業も増えてきています。また、60歳で定年を迎えても定年後再雇用制度を利用することにより、同じ職場で65歳まで働ける環境も整いつつあります。
50代から定年までの働き方は、リタイア後の豊かな人生を築くためにも、ライフプランに合わせてしっかりと選びましょう。


50代から定年までの働き方を選ぶ

●現在の会社に定年まで勤務する
現在の会社に定年まで勤務することができれば、その後の人生の計画も立てやすくなります。また、定年後再雇用制度を利用すれば、65歳まで働くこともできます。ただし、定年後再雇用制度は、新たな雇用契約になるため、企業によっては収入が減少したり、勤務時間や職場が変更になることもあります。定年が近づいたら、早めに雇用主に確認しておくことをおすすめします。

●新たな会社に再就職する
50代からの転職は今も昔も厳しい状況にありますが、何らかの実務経験があったり、資格を持っていたりすれば、決して不可能ではありません。
「このままでは終わりたくない」「もっと自分に向いた仕事につきたい」という方は、思い切って新たな会社に再就職するという選択肢もあります。

●パートやアルバイトに切り替える
「他にやりたいことがあるため、もっと自分のための時間を確保したい」「今の仕事は体力的にきつい」という方は、パートやアルバイトに切り替えるという選択もあります。
切り替えた場合、何歳まで働けるか、収入はどのくらいになるかという事をきちんと確認しておきましょう。

●定年前に独立・起業する
早期退職を選んで、定年前に独立・起業することもできます。50代の早いうちから計画を立て、着々と準備を進めていけば、家族の理解と協力も得られやすくなります。


スポンサーリンク