50代女性に似合うヘアスタイルとは

50代女性のヘアスタイル

素敵に輝きたい50代女性にとって、ファッションと同時に重要なのがヘアスタイルです。しかし、30代、40代の頃に比べて、髪の毛の量が少なくなってきたり、ハリやコシがなくなってきたり、白髪が目立ってきたりといった悩みもあり、どんなヘアスタイルがいいか迷ってしまうこともあります。

このような髪の毛の変化は、一見マイナスに見えますが、個性のひとつとして上手に生かすこともできます。また、思い切って今までとは違ったヘアスタイルにチャレンジしてみると、新しい自分を発見することもできます。

次のようなことを参考に、自分らしいヘアスタイルで自分らしいファッションを楽しんでみてください。

50代女性のヘアスタイル・素敵に見せるポイント

ショートの場合
エレガントにも、ボーイッシュにもなるショートヘアーは、あらゆるファッションに合わせることができます。ショートヘアーにスーツやパンツスタイルを合わせると、とてもアクティブな印象を与えますが、ドレッシーなブラウスやワンピースを合わせると、一転して優しく女性らしいイメージになります。

黒髪ショートも素敵ですが、明るい茶系の色に染めたり、今後60代、70代になって銀髪ショートにするのも素敵です。

また、髪の毛の量が少なくなってきたと悩んでいる方は、ロングよりすっきりと短めにカットしたほうが若々しく見えます。部分的にヘアアイロンなどでカールさせると、また違った印象になります。

ボブの場合
日本女性の憧れとも言えるボブは、50代以上の女性にもおすすめです。若々しくナチュラルな雰囲気があり、大人可愛いイメージのファッションに最適なヘアスタイルと言えます。また、マニッシュなスーツなどを着こなすと、知的な大人の女性の印象に変化します。

ボブスタイルの中にも、髪の毛を短くカットしたショートボブ、少し長めのミディアムボブがありますが、そのままで洋装にも和装にもマッチします。さらにパーマをかけて流れを出すと、また違った印象になります。

ミディアムの場合
ミディアムは、落ち着いた大人の女性の雰囲気がありますが、そのまま下に垂らすと、ぺたっとして貧弱な印象になってしまいます。段差をつけたナチュラルカットで髪の毛に動きを出すようにすると、華やかな雰囲気になります。

カジュアルな装いにもフェミニンな装いにもマッチするミディアムですが、秋冬にコートを着用する季節には、ぴったりです。また、春夏にはハーフアップにすると暑苦しさを感じさせることもなく、セクシーな雰囲気になります。

ロングの場合
薄毛や白髪の発生に悩む50代女性の場合、ロングにするのは少し勇気がいりますが、それだけにいつまでも変わらない若々しさをアピールすることができます。特に日本女性の憧れである黒髪ロングは、上品でエレガントな雰囲気があります。

暑い日や髪の毛が少なめの場合は、うしろでまとめてアップにすると、すっきりとした若々しい印象になり、そのまま和服にも似合います。

【おすすめのヘアカタログ】

クロワッサン特別編集 [大人の髪型はボリュームとツヤが決め手 おしゃれヘアカタログ。(マガジンハウスムック) (MAGAZINE HOUSE MOOK)

大人に似合うボブ&ショート (主婦の友生活シリーズ)

アクセサリーや小物を上手に生かそう

お気に入りのヘアアクセサリーや小物を上手に生かすようにすると、ヘアスタイルの欠点をカバーできたり、生き生きとした個性的なファッションを楽しむことができます。

ヘアピンを使って部分的に髪型をアレンジしたり、リボンや髪飾りでアクセントをつけたり、またイヤリングでヘアスタイルを惹きたてることもできます。

髪の毛のボリュームが足らない時は、ヘアピースやウィッグを使用してみたり、帽子やスカーフで全体をまとめてみるのも素敵です。

 

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP