本文へスキップ

体の錆びを防ごう

体が錆びる・酸化を防ぐには?HEADLINE

老化現象の原因のひとつに「体の錆び」があります。この錆びは、酸素が細胞と結びついて発生しますが、特に注意しなければならないのは、活性酸素の過剰発生です。
いつまでも若々しく、はつらつとした人生をおくるために、酸化のメカニズムを知り、体が錆びるのを防ぎましょう。


酸化とは?

空気中に放置した鉄などの金属は次第に錆びて行きますが、これは酸素が物質と結びついて「酸化」するからです。人間の身体の中でも同じようなことが起きていて、呼吸によって取り入れられた酸素が細胞と結びついて「酸化」しています。
また、体内に入った酸素のうちの数パーセントは、酸化力の強い活性酸素に変化します。この活性酸素は非常に攻撃力が強く、体内に侵入したウィルスや細菌を攻撃して身体を守っていますが、増え過ぎると、健康な細胞まで攻撃して酸化させてしまいます。
このような現象を「体が錆びる」と言っていますが、酸化がどんどん進むと、細胞ががん化したり、一部の細胞が死滅して老化を促進したり、その他の色々な病気を引き起こす原因にもなっています。


スポンサーリンク

体内の酸化を防ぐ方法

●抗酸化食品を積極的に食べる
人間は生きている限り、体内で活性酸素が発生し続けますが、抗酸化食品を積極的に食べることにより、その影響を低くすることができます。
抗酸化食品には、次のようなものがあります。

・ベータカロチンを含む食品
  ニンジン、カボチャ、ほうれん草など
・ビタミンCを含む食品
  みかん、レモン、ブロッコリー、小松菜など
・ビタミンEを含む食品
  アーモンド、カボチャ、ほうれん草など
・ポリフェノールを含む食品
  ブルーベリー、黒豆、赤ワイン、ココア、緑茶など
・フラボノイドを含む食品
  玉ねぎ、春菊、レタス、大豆など

●紫外線を避ける
肌老化の大きな原因のひとつが、紫外線です。紫外線を浴びると、皮膚を守ろうとして体内の活性酸素が活発化しますが、活性化し過ぎると今度は活性酸素による細胞の酸化を食い止めるために「メラニン色素」が生成され、シミの原因となります。
また、紫外線はコラーゲンや線維組織なども酸化させてしまうため、肌の弾力が失われシワができやすい状態になります。
日焼け止めクリームや日傘などで、紫外線から肌を守ることにより、皮膚細胞の酸化をある程度防ぐことができます。

●激しいスポーツを避ける
体内に取り込まれた酸素のうち約2%が活性酸素になりますが、激しいスポーツを行うと酸素の消費量が激しくなり、活性酸素も過剰に発生します。
過剰に発生した活性酸素は、体内細胞の酸化を促進するため、さまざまな老化現象を引き起こします。激しいスポーツは、筋肉を強化することはできますが、行き過ぎるとアンチエイジングに逆行してしまいます。あまりに激しいスポーツは避け、軽く汗をかく程度の有酸素運動がおすすめです。

●禁煙する
タバコに含まれるタールは発ガン性物質と言われていますが、タールが肺に入ると有害物質を排除しようとして免疫システムが始動し、大量の活性酸素が発生します。
この過剰に発生した活性酸素が、肺やその他の体内の細胞を酸化させ、発ガンのリスクをさらに増大させます。
タバコには、タールやニコチンのほかにも数百種類の有害物質が含まれているため、体内の酸化を防ぐには禁煙することが最適です。

●ストレスを溜めない
人間は強いストレスを感じると血管が収縮し、一時的に血流が阻害されます。その後、血管が拡張し血液が一気に流れますが、このときに大量の活性酸素が発生します。勢い良く血液が流れたときに血管の内壁が傷つくこともあり、傷口を治すために集まった血小板が血管をさらに狭くしてしまうといった悪循環に陥ると、活性酸素も発生し続けることになります。
また、ストレスを受けると、このストレスに対抗するために「副腎皮質ホルモン」が分泌されますが、このときにも活性酸素が発生します。
活性酸素の発生を抑え、体内の酸化を防ぐには、ストレスを溜めないようにすることが大切です。

●飲酒はほどほどに
適度な飲酒は、ぐっすりと眠れて心身の疲れが取れたり、ストレスが解消するなどのプラス効果があります。しかし、大量の飲酒は活性酸素を発生させる原因となります。
アルコールは体内に入ると、胃や腸で消化吸収されずに直接血液に入って肝臓に送られます。肝臓では、栄養分の代謝や貯蔵、胆汁の生産、解毒、赤血球の生産と分解などが行われており、そのたびに活性酸素が発生していますが、大量に送られたアルコールの解毒をする際には、さらに多くの活性酸素が発生します。
この活性酸素によって肝細胞が攻撃されると、アルコール性肝炎などの病気が発症します。

●食品添加物を避ける
コンビニやスーパーに並べられているインスタント食品、お惣菜、ドリンク類には何種類もの食品添加物が使用されています。体内に入った食品添加物は、肝臓で分解・解毒されますが、その過程で活性酸素が発生します。しかし、次から次へと食品添加物が体内に入って来た場合、肝臓では分解・解毒しきれずに体内に蓄積して行き、ますます活性酸素が発生し、正常な細胞を酸化させてしまいます。
科学的に合成された薬や栄養サプリメントも、同様に体の中では異物と判断され、活性酸素が発生します。体を酸化させないためには、このようなものをできる限り避けるようにする必要があります。

●電磁波を避ける
現代では、身の回りにあるあらゆる電化製品から電磁波が発生しています。電子レンジやテレビ、パソコン、IH調理器、ホットカーペット、冷蔵庫、洗濯機、蛍光灯、電気毛布など、電磁波に囲まれて生活していると言っても過言ではありません。
人間の体は、電磁波を浴びると免疫システムが作動し、電磁波を異物と判断して身を守るために活性酸素を発生します。
電化製品のほか、携帯電話の電磁波の危険性も問題になっています。
活性酸素の過剰発生を避けるためにも、電磁波を発生する電化製品からは、なるべく距離をとるようにし、携帯電話は体に密着して使用しないようにしましょう。


スポンサーリンク