毛穴が目立つ原因と毛穴対策

50代女性の毛穴ケア

美肌を保つためにはシミやシワ対策が必須ですが、50代女性にとっては顔の毛穴も気になります。毛穴は、体中にあるはずなのに、なぜか顔の毛穴だけ目だってしまう。よほど厚塗りにしないとメイクで隠せないとなると、とてもやっかいです。

顔の毛穴は、なぜ目立つようになってしまうのか、その原因を探り、毛穴対策をして行きましょう。

毛穴のトラブル・その原因は?

肌の乾燥
肌が水分を失い乾燥してくると、皮膚を守ろうと皮脂が過剰に分泌されます。しかし、カサカサして硬くなった皮膚表面の毛穴は、弾力を失い皮脂がつまりやすくなっています。特に冬に毛穴が目立つ場合は、肌の乾燥が原因の場合が多くなっています。

角栓のつまり
角栓とは、皮脂・古い角質・メイク汚れなどが混ざったもので、これが毛穴につまってトラブルを起こします。最初は白っぽく見えますが、放置しておくと空気に触れて酸化し、黒くなってきます。角栓のつまりによる毛穴は、手で触れるとザラつきがあります。

ターンオーバーの乱れ
肌の生まれ変わりの周期がターンオーバーですが、年齢を重ねるとこのターンオーバーは、遅くなる傾向があります。しかし、肌が何らかの刺激を受けると、早く修復しようとしてターンオーバーが促進されます。すると、古い細胞がいつまでも毛穴に残っていたり、新しい細胞が無理に押し上げられたりといった肌トラブルが引き起こされます。

皮脂の過剰分泌
脂性肌の人に限らず、脂っぽいものを食べ過ぎると、皮脂がたくさん分泌されます。すると、皮脂の出口である毛穴は大きく開き、そこにホコリやメイク汚れなどが溜まりやすくなります。特に額から鼻筋、小鼻の両脇など、「Tゾーン」と呼ばれる部分の毛穴が目立つ場合は、皮脂の過剰分泌が原因です。

肌のたるみ
頬によく見られる縦長の毛穴は、肌のたるみが原因の可能性があります。顔の筋肉が弱くなったり、皮膚のハリや弾力がなくなると肌はたるんで来ますが、毛穴も一緒に下に引っ張られて広がります。広がった毛穴は、くぼんで影を作り、ボツボツと目立つようになります。

過剰なスキンケア
毛穴をきれいにしようと、1日に何度も洗顔をしたり、力を入れてこすったりすると、肌を守っている皮脂や必要な角質まで落としてしまいます。その結果、肌荒れがひどくなり毛穴のトラブルもより深刻になってしまいます。過剰な毛穴パックやピーリングも、肌に負担を与え過ぎると、逆効果になってしまいます。

50代からの毛穴ケア

ポツポツと毛穴が目立つことに気付いたら、毛穴対策を始めましょう。少し根気が必要ですが、あきらめずに毛穴ケアをして行けば、きれいな素肌を取り戻すことができます。

肌を清潔に保つ
毛穴ケアの基本は、クレンジングと洗顔で肌を清潔に保つことです。毛穴に入り込んだホコリやメイク汚れ、皮脂汚れをそのままにしておくと、それらが交じり合った汚れがどんどん蓄積されてしまうからです。

ただし、1日に何度も洗顔したり、力を入れてゴシゴシとこすったりすると、肌を保護している皮脂まで落ちてしまうため、皮脂の過剰分泌へとつながってしまいます。さらに毛穴が開いてしまうという悪循環になるので、洗顔回数は朝と夜の2回にしておきましょう。洗顔料は刺激の少ないものを選び、皮脂の落としすぎに注意してやさしく洗うようにしましょう。

肌の乾燥を防ぐ
50代女性の毛穴トラブルの原因は、肌の乾燥によるものが多くなっています。肌が乾燥してくると、毛穴は柔軟性を失い、硬くなって皮脂などが詰まりやすくなります。そのため、まずは肌を乾燥させないようにすることが毛穴対策になります。

肌を手で触れてみてカサカサしているようなら、保湿効果のある化粧水や美容液で水分を補うようにしましょう。洗顔後や就寝前には、油分も一緒に補える美容クリームなどを使用すると、毛穴対策になります。

蒸気やホットタオルを利用した毛穴ケア
クレンジングや洗顔は、ゆっくりとお風呂に入り、体が温まってから行うほうが効果的です。浴室の蒸気で毛穴が開いているため、毛穴の奥まで汚れが落としやすくなっているからです。

また、ホットタオルを顔全体に当てるだけでも、毛穴が開いてくるので汚れを落としやすくなるうえ、顔の血行が良くなり、新陳代謝が促進されます。その結果、毛穴以外の肌トラブルの改善にも役立ちます。

肌に良い食品を積極的に食べる
肌のきめを内側から整える食品を積極的に食べるようにすると、毛穴トラブルも自然に解消してきます。ビタミンAやビタミンEが豊富に含まれた緑黄色野菜は、血行を良くし新陳代謝を促進するため、美肌対策には欠かせません。

皮脂バランスを整える働きのあるビタミンB群は、レバーやアーモンド、大豆などに多く含まれています。また、肌の弾力性を維持するためのコラーゲンは、鶏の皮や手羽先、牛スジ、フカヒレ、うなぎ、カレイ、魚の皮などに多く含まれているので、積極的に食べるようにしてみてください。

肌のたるみを改善する
肌のたるみが原因で毛穴が目立っている場合、たるみを改善させることによって毛穴も目立たなくなります。マッサージや、フェイスエクササイズで顔の表情筋や深層筋を鍛えると、皮膚を支える力が回復し、たるみ改善につながります。

また、「ビタミンC誘導体」入りの化粧水や美容液は、皮膚への浸透力が高く毛穴を引き締める効果があるので、肌のたるみが原因の毛穴対策になります。

美顔器を使用する
クレンジングだけでは落ちない黒ずんだ毛穴がある場合は、超音波美顔器を試してみるのも良いかもしれません。超音波の微振動で肌表面の古い角質を落とすことができ、同時にマッサージ作用もあるので、肌にハリを与え毛穴対策にもなります。さらにイオン導出機能のついているものなら、毛穴の奥の汚れをスッキリと落とすことができます。

また、美顔器で汚れを落とした後の肌は、そのままにせず手またはコットンパフでパッティングを行い、化粧水などで水分を補給しておきましょう。

おすすめの美顔器
  >> 1日5分!美顔器「エステナードソニックROSE」

パックをする
古くなった角質やその他の汚れが溜まって黒ずんでいる毛穴対策として、パックをするという方法もあります。ただし、はがすタイプのパックは、毛穴の奥の汚れが一気に取れるものの、肌への負担が大きいというデメリットがあります。

最近では、洗い流すタイプのパックが人気がありますが、洗浄力の強いものは皮膚の油分や水分も一緒に洗い流してしまい、肌荒れの原因になることがあるので、注意が必要です。

寝ている間に手軽に毛穴ケアができる「ケアナノパック」というものもあります。
パック自体に美容有効成分がたっぷり含まれ、ベタついたり布団を汚したりする心配もないので人気があります。

  >> 毛穴の悩みに『CARE NANO PACK-ケアナノパック-』

エステ・美容皮膚科に通う
色々と手を尽くしても毛穴トラブルが改善しなかったり、よけいにひどくなったという場合は、エステや美容皮膚科で専門家に見てもらうのも一つの方法です。毛穴の状態や原因を詳細に調べ、特殊な機器や薬剤を使用して、きれいな肌へと整えて行きます。

ただし、エステや美容外科を利用する場合は、施術内容や治療内容、料金などを前もってきちんと確認しておきましょう。

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP