素肌のきれいな50代女性を目指して

50代から素肌美人になろう!

女性の肌は、50代、60代と年齢を重ねるにつれてシミやシワ、たるみなどが目立つようになります。しかし、それを隠そうとして厚化粧をすると、さらに老けた印象を与えてしまいます。
それよりは、多少のシミやシワがあっても気にせず、はつらつとした素肌のきれいな50代女性を目指してみませんか?

天然の美容クリームを大切に

きれいな素肌を維持するために最も大切な役割を果たしているのが、天然の美容クリームと言われる「皮脂」です。

肌の表面に膜のように広がっている皮脂は、思春期には分泌が非常に活発になり、毛穴の外に放出しきれずに蓄積してニキビの原因になったりしましたが、女性の場合は20代をピークに減少します。

皮脂が少なくなると、今度は肌の表面は潤いをなくし、カサカサと乾燥してシワができたり肌荒れを起こしたり、アレルギー性の皮膚炎を起こしたりします。

思春期には鬱陶しかった皮脂ですが、本来は肌の乾燥を防いで潤いや柔軟性を与えたり、肌を弱酸性に保って雑菌が繁殖するのを防ぐなど、保湿作用や保護作用があります。

まさに天然の美容クリームと言えますが、50代から美肌を保つにはこの皮脂を落とし過ぎないように注意する必要があります。

皮脂を落としすぎない工夫を

50代から素肌美人を目指すには、皮脂を落とし過ぎないようにすることが大切ですが、まずはスキンケアを見直してみましょう。

肌質に合ったスキンケア商品を選ぶ
皮脂のバランスを整えるためには、化粧水や乳液、美容液など、肌質に合ったスキンケア商品を選ぶことが大切です。脂性肌(オイリー肌)の方は油分を控えめに、乾燥肌の方は水分と油分をたっぷりと補給するようにしましょう。

過度な洗顔を控える
洗浄力の強い洗顔料を使用したり、ゴシゴシと強くこするような洗い方をすると、皮脂があっという間に落ちてしまい、回復するまでに時間がかかります。休日はお化粧をせずに、水だけの洗顔で済ませるようにすると、肌を休ませることができます。

スポンサーリンク

きれいな素肌を保つために実践したいこと

50代から60代、70代になっても、素肌のきれいな女性でいるために、次のようなことを心がけてみてください。

お化粧はなるべくしない
お化粧をすると、どうしても肌に負担がかかります。肌の老化を防ぐためには、天然の美容クリームと言われる皮脂が適度に肌を覆い、皮膚の細胞のひとつひとつが自然に呼吸ができる状態に保つことが重要です。仕事やお付き合いで、やむを得ない場合を除き、なるべくお化粧をしない日を設けるようにしましょう。

毛穴対策をしっかりと
皮脂は、肌表面の毛穴にある皮脂腺から分泌されます。分泌される皮脂の量が多いと、毛穴が詰まりやすくなりますが、意外なことに皮膚が乾燥してても詰まりやすくなります。乾燥した皮膚はカサカサして毛穴が硬くなります。硬くなった毛穴に古くなった角質やホコリ、肌に塗った化粧品などがどんどん詰まってしまい、ニキビや肌荒れの原因にもなります。きれいな素肌を維持するには、この毛穴対策も必須です。

肌の乾燥を防ぐ
50代女性にとって、肌の乾燥は大敵と言えます。20代、30代のうちは女性ホルモンや皮脂の分泌が適度に行われ肌の環境が守られますが、40代、50代になると分泌量が減少してくるため、肌が乾燥しがちになります。潤いをなくして乾燥した肌は、シミやシワ、肌荒れの原因にもなります。肌質に合った美容液や美容クリームなどで、水分と油分を補い、肌の乾燥を防ぐようにしましょう。

紫外線を防ぐ
紫外線は、無防備でいると肌の老化現象を促進します。わずか数分浴びただけでも、真皮層のコラーゲンやエラスチンなどの繊維質を破壊する紫外線は、肌の弾力を失わせ、シミやシワを作ります。若々しい肌を保つためには、普段から日焼け止めクリームなどで肌を守るようにし、基礎化粧品はUV対策がしっかり取られているものを選ぶようにしましょう。

食事は栄養バランスを考える
身体の内側から素肌をきれいにするには、栄養バランスのとれた食事を摂ることが大切です。良質なタンパク質のほか、ビタミン類やミネラル類が豊富な野菜類や果物類を、毎日たっぷり摂るようにしましょう。特に肌の血行を良くするビタミンAや、肌をきれいにするビタミンCが豊富に含まれた緑黄色野菜を多めに摂るようにし、肌荒れの原因となる肉の脂身や糖分の多い菓子類などは、なるべく避けるようにしましょう。

身体を動かす
常に身体を動かしているスポーツ選手には、肌のきれいな人が多いと良く言われます。それは、身体を動かすことにより全身の血行が良くなるため、身体の隅々まで必要な栄養素や酸素が行き渡るようになるからです。さらに、不要になった老廃物の排出も促進されます。毎日の生活の中で、意識して身体を動かすようにしましょう。

良質な睡眠を取る
睡眠は、身体の疲れを取り、精神をリラックスさせる効果がありますが、肌の新陳代謝を活発にし、傷んだ部分を修復する作用もあります。睡眠不足が続くと肌荒れがひどくなる傾向がありますが、良質な睡眠をとることにより皮脂の分泌も促進されるため、潤いのある肌を保つことにつながります。

化粧品は刺激の少ないものを選ぶ
更年期を迎えた50代女性の肌は、とてもデリケートになっています。長年、使い慣れた基礎化粧品が合わなくなってくることもあるので、1度見直してみましょう。特に、香料や着色料、保存料、界面活性剤などの不要な添加物が入った化粧品は、肌に刺激を与え、肌荒れや肌老化を促進させてしまう可能性があります。原料をよくチェックし、肌質に合った化粧品を選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

↑ PAGE TOP